お得な豆知識

解体・土木・産廃業界の耳寄り情報を
お伝えしますので、ご期待ください。

 

賃貸の欠陥住宅問題

 豆知識

kengaku_sg今回のテーマは欠陥住宅問題ですが、欠陥住宅は
知られている以上に多いというのが現状です。
特に賃貸住宅において深刻な問題になっており、建設当時の古い建築基準で作られている建物が多く現在の建築基準を満たさない建物が多く存在します。
中でも耐震構造や有害物質に対する基準が甘く大きな地震が来た場合倒壊の危険があったり、解体工事などにおいて有害物質が散乱する可能性があります。
又、集合住宅に関しては構造上問題が見つかったとしても住民の同意が必要であり建て直しも容易ではありません。
欠陥住宅が広く世間に知られるようになったのは1995年の阪神淡路大震災が発端で、倒壊した建物の下敷きになった人が死者の9割を占めています。
そしてその倒壊した住宅のほとんどが構造上問題があったとされています。
その後、建物構造の安全性が問題視されるようになり
建築基準法の改正などにより安全な家が建てられるようになりましたが、建て直しが難しい賃貸住宅では今も欠陥住宅が数多く残っています。
又、新規に建てられる場合でも、建築費用を安く済ませるために安い資材を使ったり、今問題になっている鉄筋の本数を減らしたりするケースがあり新築だから安心というわけではありません。
では、入居する前に欠陥住宅を見極めるにはどうしたらいいでしょうか。
契約をしない事が一番ですが、毎日建築現場に出向き確認する事は不可能ですので事前に物件を
チェックするしかありません。

構造・耐震性
・ピンポン玉やビー玉などを床において傾きがないか。
・窓や扉の開閉をして立て付けを見る。
・フローリングなどの床を歩き、ゆがみや軋み等を確認する。
・雑誌などを当てて部屋の角が90度になっているか。
・柱をその先にある壁あるいは柱と透かしてみて垂直になっているか。
耐火性 
・木造より耐火性の強い鉄筋構造を選択する。
健康安全面
・壁紙や床の建材の臭いなどシックハウス症候群などの健康障害の原因をチェックする。
などが挙げられますが、万が一入居をしてしまった場合は早めに大家さんや不動産業者あるいは管理会社に連絡をして
対応をしてもらいましょう。
時間が、ある程度経過したあとでの報告ですと退去時に入居者の責任になったりする事もありますので早めの対応が必要です。
住居は安らぎを感じ、毎日生活をするスペースです。戸建て住宅も同じですが、入居後の生活を脅かし少しでも不安を
感じる物件は避けることが重要です。


お問い合わせはこちらから

まずはお気軽にお問い合わせください。
お見積もり・相談は無料です。

 

お見積りはコチラ

解体工事は現場の状況により同じ坪数でもかなり金額の相違が出てきますので、メールあるいはお電話にてお気軽にご相談ください。