お得な豆知識

解体・土木・産廃業界の耳寄り情報を
お伝えしますので、ご期待ください。

 

地熱発電は日本の純国産エネルギー

 豆知識

tinetuhatuden私たちの暮らす日本は、火山国であり火山帯に位置している為地熱
エネルギーが豊富に存在しています。
その利用は戦後早くから注目されていて安定して発電することの出来る
純国産の自然エネルギーの一つです。
日本の総発電電力量からみれば極わずかではありますが、現在、東北
や九州を中心に発電施設などが展開されていて、
今後、益々新たな温泉施設や公共施設などに導入されているようです。
特徴としては持続可能なエネルギーであり、地中に常に存在する
地熱エネルギーを使うため化石燃料のように枯渇するという心配がなく、
長期間にわたる供給が出来ます。
又、地下に1,000m~3,000mの井戸を掘削してその井戸から天然の蒸気を噴出させてその蒸気や熱水を利用して発電する為、太陽光や風力などとは
違い自然環境にも左右されず昼夜を問わず発電することができるものです。
更に、発電に使った高温の蒸気や温水も農業用ハウスの暖房や魚の養殖場
などでも利用されています。
現在、新エネルギーとされている地熱発電は「バイナリー方式」といわれるものに限られています。
「バイナリー方式」では地熱流体の温度が低く十分な蒸気を得られないときなどに地熱流体で沸点の低い媒体を加熱して蒸気でタービンを回して発電するという方式のものです。
本来であれば、地熱エネルギーを直接使って発電できればいいのでしょうが、現在の地熱エネルギーの技術では不十分
であり更なる技術開発が求められています。
又、技術的な問題だけでなく地熱発電に向いている火山地域のそのほとんどが国立公園や国定公園などに指定されていることが多く、更に温泉地などの観光地でもあり発電所建設の理解を得られにくい場所が多く新規開発が進まないのも
現実です。
火山国である日本では最も風土にあった発電方法でありますが、温泉などの環境に与える影響や観光地での景観に
与える影響、又建設までの調査に10年余りかかることや、建設コストの問題などを考えると普及にはなかなかハードルが高いようです。


お問い合わせはこちらから

まずはお気軽にお問い合わせください。
お見積もり・相談は無料です。

 

お見積りはコチラ

解体工事は現場の状況により同じ坪数でもかなり金額の相違が出てきますので、メールあるいはお電話にてお気軽にご相談ください。